THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の5件の記事

2006.03.26

M5ってどうなの

M5ってどうなんでしょう。

一番怖いのが、メーターの故障でしょうか。部品がないだとか、修理代が高額だとか。中古屋でも当然、メーター保証外が多いですね。当たり前か。電池も売っていないのが当たり前で、アダプターを介しますが、これが下手なものをつかまされると電圧の違いかなんだかでメーターが壊れます1.5Vに改良されたものが結構ありますが、ちゃんと出所がわからないと買うのは怖いですね。

持病としてはシャッターブレーキが壊れやすいし、ファインダーのバルサム剥がれがあります。これはもうどうしようもない。まあシャッターブレーキ破損対策としては保管するときに7割程度巻き上げておくことでしょうか。全部巻き上げてしまうとバッテリーが消耗しますからね。それでも当然壊れるときは壊れます。あろう事か、特に134万台以前の127~8万台はシャッタードラムがもろいのです。134万台は改良されているらしいです。

なんかとってもデリケートです。でも、ホールドしやすいとかいって近年評価があがり値段も上がったのです。ここら辺がへんてこライカイズムですね。他のM型ばかり見慣れた目だと、とっても存在感があるのは確かですが、臆病者が使うものではないですね。ちゃんとメンテ代を惜しみなく出せる人が使うものです。ホントに大ライカ万歳です。

2006.03.24

M4ってどうなの

M4ってどうなの。バージョンは少ないですが初期、中期、後期に分かれます。

初期は底蓋の開閉ノブ付近にM3、M2みたいに文字が入っていたり、ボディー後部のシンクロ電球マークの絵柄にテカリマークがあったりします。ごく初期には巻き戻しクランクから光線漏れが問題になったりもしましたので、一概に初期がいいとはいえませんね。でも底蓋に文字はほしいところ。

中期はM5までの底蓋文字やテカリマークはないもののちゃんとドイツ生産のもの。これが一番安心でいいですねえ。

後期はカナダで再生産されたもの。ブラッククロームは全部カナダ製です。シルバークロームでも138万台からがカナダ製で、その後のM4-2やM4-Pの冬の時代に通じる製品のバラツキやガサツ感が感じられるものが多いです。あたりを引けばいいですけどね。ちなみにあこがれのKE7Aもこの時代のもの。さすがにさわったことがないですから、質的にどうなんでしょうかね。

使い勝手ではM4っていいですね。はずれを引かなきゃね。数が少なくかっこいいので得段が高いのが玉にキズ。

2006.03.14

M3ってどうなの

一番好きな機種なのですが、一番手元を数多くすり抜けていった機種でもあります。

私は経験はないのですが、問題の多くはファインダーのブラックアウトでしょうか。中にはベットに投げただけで、バルサム剥離がおこりお釈迦になったという経験談もあります。カメラ業者にしてみれば、これは深刻な問題で、海外からの輸送で結構あるみたいです。こういったことを聞くと、M3を慎重に取り扱わなければならないと思っていまい、出動機会が減るということになるわけです。

それから、グッタペルカ(ボディーの革張り)の剥がれが多い。見た目は剥がれた箇所などないように見えますが、さわってみるとペコペコ浮いている剥がれる前の状態のものが多いです。特にバックドアです。M3の状態のよいものをお探しなら、ネット通販、オークションはまず止められた方が賢明です。

あとは、50年近い昔の機種だから仕方ないのですが、ファインダーのバルサムの劣化・若干の剥離(正面から見るとガラスの縁が油をつけたようにキラキラする)や、二重像の黄化・劣化(強光に照らすとプツプツとしている)があります。

バルサムの再蒸着などやっている修理屋もありますが、精度がでない(二重像ないで右左の測距に差がある)ことがほとんどですのでご注意。

結構、部品交換、付け替え、二個一など修理を含めいじられてるものがほとんどですので、ライカ純血主義の方はオリジナル部品ではないところを探すのに大変です。

2006.03.10

M6はどうなの

一眼レフなどからライカに移行すると、ちょっと感動します。それがM6であっても、なんだか安物ではないカチッとした感触があります。

でも、M6からM3(特に初期型)なんぞをさわってしまうとこれがいけない。世に言うライカ病が発症してしますのです。M6がプラスチック製のように感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

M6とは違う精密感はM5まで感じられます。M4-2からなんか違うなあと思うようになるのです。こういった感触はうちの嫁に力説したところで、デジカメの手軽さにかなうわけがありません。

たくさん本を買いました。

いろいろなライカ本を買いました。M3のデビューについては人それぞれで、「衝撃」という言葉が一番多いけれど。それもまちまちで、ほんとうはあまり大歓迎はされなかったようです。

Ⅲfより大きくなった(これはM5登場ににてますね)、とか二重像をファインダーと一緒にしたのはツァイスへの敗北の証だとか。巻き上げのノブ式からの変更も、もはや多くのメーカーがやっていたことだしこれといって新しいことがないとか、唯一ほめられたのは、コンタックスにくらべ新しい点に一日の長がある、と述べられただけだった。

しかし、今になっても評価が高いのはその作りの良さだったのでしょうか。

« 2005年7月 | トップページ | 2006年4月 »