THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の3件の記事

2006.04.28

MP3って音楽ファイルですか!

またまた出ました、LHSAスペシャルMP3。よくできたコピーって感じは拭えません。

最初に聞いたときは、音楽ファイル?かと思いましたが、またまたのM6改造品でした。これまた昔をまねたズミルックス50ミリがついて100万円以上というからさらに驚きです。誰が買うんでしょうかねえといってみても、LHSAの会員のみなさんは相当のコレクターかお金持ちばかりですから、そちらの方で消費されるのでしょうか。

興味深いのは舞台裏で、ライカ社が無視できない存在のLHSA(ライカ・ヒストリカル・ソサエティー・オブ・アメリカ)。LHSAのおかげでブラックペイントが復活したといっても差し支えないでしょう。始まりはM6TTLのブラックペイントからで、LHSAの30周年記念ライカとして企画したものですが、おもしろいのはその企画を乗っ取ってライカ社が、先に2000ミレニアムとしてM6をちょっといじった(レバーと巻き戻しの部がM3で、ブラックペイント)を発売したことです。LHSAからしてみれば、コノヤローですが、ライカにしてみればしてやったり。普通の人から見れば、M6Jといい過去の遺物にすがりすぎてやいないですかって感じですね。おまけに記念品というだけで、高額だしね。

というわけで、ライカさん全く新しい形のM型を出せ、と言いたい。M5みたいな。それから、ホントにコピーしてほしいのは、M3の外観ではなくてファインダーなのです。コシナのツァイスカメラはそこら辺を心得ていて、直角な光路のファインダーを作った。これホントにすばらしいこと。測距部分が動かないないはどうかと思うけど、コシナにいわせると動かない方が精度がよいそうで。

2006.04.13

グッタペルカってどうなの

グッタペルカ。要は人工樹皮です。バルナック、M型に貼ってあるあれです。

M6からそこら辺のカメラと同じようになってしまってちょっと残念でした。それ以前のものはちょうどよい摩擦間で、滑りにくくて持ちやすいように思えます。

でもちょっと問題もあります。M2,M3時代のグッタペルカは経年変化で、大変剥がれやすい。剥がれやすいならまだしも、ペキペキと割れやすい。DⅢくらい前のグッタペルカは色落ちは激しいが、何故か粘りがあり、ペコペコ浮いていても、割れてかけたものは見たことがない。

小さい破片くらいかけても、修理屋さんでは目立たないように補修してくれますが、ひどいものになるとナイフで切ったように割れ目ができる。

たぶん、丈夫だけど伸縮性がないからだと思うのですが、ペコペコと浮いてきたな、と思うとペキペキと割れ始める。ペコペコしたときに、皮とボディーの間に接着剤を入れれるとよいのですが、接着剤投入のためちょっとグッタペルカを持ち上げようとするとペキッとなる。

これは当時の開発者でも見当がつかなかったことでしょう。何せ50年近くも寿命があるとは誰も想像もしなかったことですから。

張り替えればいいと思いますが、M6より前のものはもはやオリジナルはないでしょう。似せたものは修理屋さんでもあるようですが、ちょっと見たら分かります。

いさぎのよいところではM6と同じものになってしまう。これは問題。

保存法はあまり乾燥させないこと。これにつきます。

2006.04.03

M2ってどうなの

ライカM2が実は一番バージョンが多い。M3のようにはっきりと外見で分かるものから、分からないものまで。

中でも最も粋なのは、初期の巻き上げ解除レバーがボタン式で、セルフタイマーのないやつで、ファインダー横の採光窓が12条の内ギザ(見えている外側はつるつる)のものです。結構M2後期の外ギザに変更されているものが多いです。

手に入りにくいものとしては、ブラックペイント、M2-RM2-Mです。

M2-RはM4のようなフィルム装着(クイック・ローディング)にしたものです。軍幹部にRの刻印のあるものはアメリカ出荷のもので、ヨーロッパ内に売られたものはRの刻印がないものがあります。

M2-Mはモータードライブ仕様。底蓋をあけて、カメラ底部にM6のような電気接点があるものです。レアものですが、正直、操作感がぎくしゃくしています。

最もレアものとしては、MP2がある。これはライカの中で最も珍品かもしれない。M3にライカビットをつけたものがライカMPだったの対して、MP2はモータードライブをつけようとしたものです。M2-Mがそうじゃないかと思われますが、MP2はM2-Mのプロトタイプのようなもので、内部にモータードライブのメカは取り付けられていない。だから当然モータードライブは使えない。しかし、しかっりと軍幹部にMP2の刻印がある。何をしようとしたか分からないものだ。外見は上で述べたM2の初期型と一緒であるが、シャッターボタンがちょっと変わったリングのついたものがあるようだ。M2Pは10台前後しか確認されておらず、まず実物をお目にかかることはないだろう。

総じてM2は値段的にこなれていて、しかもライカビット(M4はつけられないので残念だ)をつけることができる。また、フレームもさっぱりと1焦点1フレームで、いいカメラです。気をつけなければならないのは、ほとんどがファインダーバルサム劣化の持病を持っている。買うときは、完全な劣化のないものを探すより、程度のよいものを探した方がいい。M3と同様に、グッタのペコペコも多い。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »