THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

« MP3って音楽ファイルですか! | トップページ | ヘキサーRFってどうなの? »

2006.05.23

ファインダーあれこれ

ライカのファインダーで特に人気が高いのが、50ミリ用と35ミリ用と28ミリ用だろうか使う頻度の高いレンズだけに、当然と言えば当然かもしれない。

35ミリは特に使う頻度が多かったのか、状態のよいものは少ない気がする。しかしバルナックは仕方ないとして、M2の頃からボディー側に35ミリフレームがついてるのだから、いらないといえばいらない。でもつけたいのは、28ミリフレームは当然そうだが、メガネくんにはちょっとつらいし、何よりのぞいた感触がいい。これは誰でも言うのだけれど良いものは良い。とくに新しいプラスチック製の方ではなく、金属製の方だ。実際にはクリアーさで言えば、新しいプラの方がいいのだけど、金属製はあのフレームが良い。キラキラしていて、まるで金魚鉢の中からのぞいているようだ。また35ミリ、28ミリだと人の目よりもひろい実世界を圧縮してみるのだから、コントラストが高まり、ちょっと世界がきれいに見える。余談だが、生産本数から見れば、35ミリのプラスチック製の方がレアだ。

50ミリのファインダーは当然のごとく出場機会がなく、きれいなものが多い。バルナック型ライカのファインダーは50ミリといえども大変小さいので、つけてみるのも良い。見た感じの驚き度では1番かと思う。金魚になったらこんな感じかもしれないと思う。

ファインダーを焦点距離によりとっかえひっかえ使うのは面倒だという人なら、ユニバーサルファインダーはどうであろうか?最近のはちょっとかっこわるいので、ちょっと昔の正像ビドム逆像ビドムなんかとても戦闘的で良い。バルナック型ライカによく似合う。ちなみに逆像ビドムのことが本当のビドム(vidom)名で、正像ビドムはvioohという。ビドムという名前があまりにも浸透したためであろう。さかのぼってビドム以前のユニバーサルファンダーも鉄砲ビドムなんてコモンネームをつけている。

ビドムは状態のよいものがホントにない。だいたい曇っている。クリーニングしても取れない物が多い。それだから、安い。だが、他のファインダーにはない感動がある。ユニバーサルファンダーなので、焦点距離を切り替えると、ファインダー内がカチカチと狭められおもしろい。そのファインダー像は小さくなった一眼レフファインダーのようだ。特典としてはパララックスが手動ではあるが調整でき、85ミリフレームがあることだ。この85ミリは実際にレンズも少ないが、当然アクセサリーのファインダーも超レア物だ。まあ、使わないけどね。

ビドム以外、とても値段が高い。そして小さい。まさに宝石のようだ。

« MP3って音楽ファイルですか! | トップページ | ヘキサーRFってどうなの? »

Leica」カテゴリの記事

ライカ・アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118928/10205822

この記事へのトラックバック一覧です: ファインダーあれこれ:

« MP3って音楽ファイルですか! | トップページ | ヘキサーRFってどうなの? »