THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の2件の記事

2007.03.28

ライカを買おう 完成に近づいています。

ライカの解説サイト、ライカを買おう、が完成に近づいています。なかなかいい出来ですので、一度訪れてみてください。

バルナック型ライカのフィルムの入れ方や、M型ライカとバルナック型ライカの距離計調整法なども載せてあります。

2007.03.15

エルマーの謎

ライカと言えばズミクロン。チョット昔の人なら、ライカと言えばエルマーと答えるはず。

Nobu_3 エルマーと言ってもたくさんあり、大きく分けると、Lマウント:エルマーf3.5、赤エルマーf3.5、エルマーf2.8。Mマウント:エ ルマーf3.5、f2.8。と分けられる。あくまで大きく分けたわけで、その中にバージョンはある。

今回はエルマーらしいエルマーである、Lマウントのf3.5の謎に迫ってみる。 写真にもあるように、ノブの裏に番号が振ってある。この写真に写っているのは3である。俗に鏡胴番号と呼ばれるもので、知っている人は知っているが、知らない人は知らない。

この番号は0から7まである。

0~3はカスタム鏡胴で、初期の距離計に連動しないバルナックのC型レンズを0マーク対応(距離計連動)に改装したものである。この番号は色々な鏡胴が存在し、中には赤エルマーにもある。

はバルナックⅡ型の頃のエルマー。ニッケルでピントノブが1周する全回転である。ピントノブにノッチが無く、無限ロックは出来ない。内部に特徴があり、ヘリコイドがガタつかないように一部をえぐって板バネで押さえるように工夫されている。最も手間のかかるえるまーだったといえる。エルマーらしいエルマーは4番のことを言うらしい。

はⅢ型やスタンダード型の頃。ニッケルで全回転。無限遠でロックが出来るようになった。4番の板バネはなくなった。の全回転タイプは一部のM型に使うと、ピントノブがボディーのレバーに引っかかって使えない。

は戦前戦後に最も多く見られるエルマー。クロームとニッケルメッキ。ピントノブは半回転になった。

は6と並び多く見られる。ほとんどがクローム。赤エルマーは6,7番にまたがる。

とエルマーは鏡胴番号だけでもたくさんバリエーションがある。あなたのエルマーは何番だろうか?ちなみに参考にした本は、ライカレンズ完全ブックである。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »