THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

« ライカビット症候群 | トップページ | ライカではないのですが、フォカ(FOCA)です。 »

2008.07.15

ライカではないのですが、レチナです。

Retina2c ライカではないのですが、レチナです。特にレチナ2cです。cは小文字です。(メルマガの文字化けの関係で英数字であるべき所で、アラビア数字を使っています)

レチナにはいろいろとタイプがあり、中古市場で最も人気が高いのが3C(写真2枚目)です。Cは大文字で、別名、大窓なんて呼ばれています。

Retina3c_2 レチナを簡単に説明しますと。ジャンルはスプリングカメラです。蛇腹を利用して、使わないときは3枚目の写真のようにコンパクトになります。1型は距離計の付いていない目測式のもの、2型は距離計付き、3型は2型にセレン露出計をつけたものです。

すべての型に共通のマイナーチェンジがある。ただのレチナ2だったら、ノブ巻き上げ。レチナ2aだったら、レバー巻き上げ。cが付いたら、下部レバー巻き上げのレンズ交換できるタイプ。Cが付いたら、cに35㎜、50㎜、80㎜のブライトフレームが付いたタイプです。他にもbやsとかありますが、まあだいたいこんな物です。

Retina2c_3 ここで取り上げたレチナ2cは、スプリングカメラの完成系ではないでしょうか?3Cは人気が高いですが、セレン受光部がゴテゴテした感じで、当然露出計の精度も心配です。ライカを始めクラシックカメラが好きな人は露出計なんていらない、なんて人が多いんじゃないでしょうか?

2C(4枚目写真)もありますが、数が少なく、スタイリング的にも野暮ったく2cにはかないません。3c、3Cと2cの差を決定付けるのはレンズです。3型にはクセノンかヘリゴンの50ミリF2が付いていますが、2型のクセノンF2.8がそれよりも高性能なのです。F値が1段暗いので、解放では当然F2.8の方がいいに決まってはいますが、F5.6位の勝負でもクセノンF2.8の方がすばらしいんじゃないでしょうか?

Retina2c_2 この2cの描写をみて、中古カメラ本をたくさん出版している赤瀬川原平が、ライカレンズ以来の衝撃があったなんて書いていましたが、私も衝撃を受けました。ライカレンズといってもズマールなどではなく、赤エルマー、ズミクロンといい勝負かも知れません。何より値段が安い。最も安いライカレンズが買える値段(2、3万)で、買えてしまう。

感触もなかなかよく、ピントレバーのスムーズさや巻き上げもいい感じです。バルナック型ライカのように境目がよくわからんファインダーではなく、2cでも50ミリのブライトフレームはあるので、パララックスに注意すれば使いやすい。大窓では採光窓を設け、よりハッキリしたフレームである。

このほかレチナのいいところは、素人でも簡単にトップカバーがはずれて、ファインダークリーニング、距離計調整がしやすい(距離計調整については色々なサイトがある)。そして何より使いやすい。蓋が横に開くので、左手グリップがしにくい向きもあるが、慣れてしまえばハンディーカムの要領でホールディングすれば安定感抜群である。以前書いたビッテサもそうだがスプリングカメラ特有の気を遣う箇所がこのレチナには無いのである。

« ライカビット症候群 | トップページ | ライカではないのですが、フォカ(FOCA)です。 »

Camera」カテゴリの記事

その他のカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118928/41846552

この記事へのトラックバック一覧です: ライカではないのですが、レチナです。:

« ライカビット症候群 | トップページ | ライカではないのですが、フォカ(FOCA)です。 »