THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2015年7月 »

2009年1月の1件の記事

2009.01.10

ライカではないのですが、フォカ(FOCA)です。

Foca001_2 今回はフランスカメラのフォカです。フランスのエスプリ、なんて呼ばれます。ライカ的名前の付け方で、フランスのOPL社のカメラなのでFOCAです。色々と種類があるのですが、有名なのは写真のようなレンジファインダーのFOCAでしょう。星の数でランク分けされており、カメラ正面左下のネームプレートに星が書いてあります。上からツースター(PF2B)、ワンスター(PF2)、スリースタート(PF3)呼ばれます。発売されたのは1945年です。

このスターシリーズはレンズ交換式(独自のスクリュー)ですが、距離計は50mmしか連動しません。

Foca003 ワンスターは距離計無しのモデル、ツースターは距離計が付いたモデル。スリースターはツースターに低速シャッターが付いたモデルです。低速シャッターはバルナック型ライカのようにカメラ正面のダイヤルです。

Foca002_2 今ではこのフォカも有名ですが、何も知らない人なぞは、巻き上げにとまどうでしょう。シャッター速度設定ダイヤルそのものが、巻き上げノブなのです。しかも最後まで巻きあげずに手を離すとキュルキュルっとスプリングの効いたノブが回転し戻ってしまう。この時フィルムはどうなっているんだろうと不思議に思うが、そこら辺はうまくできている。たるまない。

この巻きあげ方式がフォカをフランスのエスプリたる所以にしているのだと思います。粋な巻きあげは、ハッセルブラッドのノブ式のごとく、ノブをつまんで本体の方を回転させるのです。ファインダーが小さいので、外付けのファインダーなんかをつけると手が引っかかってこれができない。要は余計なことはするなと言うことなのだろう。

Foca004 シャッター音はジャ、と大きめ。ゼンマイが戻るみたいです。ライカM型なんかを使っていると、大変歯ごたえがあります。

Foca005 今回私が手にしたFOCAは、このスターシリーズの次のモデルであるFOCA UNIVERSAL(フォカ・ユニバーサル)です。何が違うかと言えば、スリースターがバヨネットでレンズ交換できるようになったことです。距離計は50mm以外でも連動します。とは言っても、交換レンズ単体でオークションでも中古屋でも売っているところをみたことがない。売っている物としては、本体とレンズセットのバカ高い物だけです。

フォカはその後、一番下の写真にあるようにレバー巻きあげなりました。このレバーも職人の手作り的で華奢で物としての魅力があります。その後も色々と変わるようですが、このレバー巻きあげでフランスのエスプリは終わりです。

この中で、最も粋なFOCAはツースターでしょう。低速など使わぬスタイル、何よりレンズ右下にコブのように付いている距離目盛りが粋なんです。レンズもf3.5だしね。

« 2008年7月 | トップページ | 2015年7月 »