THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

« namiki falco ナミキファルコンという万年筆 | トップページ | gibson L-00 »

2015.07.15

ギターのカポタスト part1

ギターは弾くほどに音が良くなる。これは新品を買って実感したのだが、2年位はある程度右肩上がりに良くなることが実感できるが、それ以後は緩やかなグラフになるようで私のような貧素な耳では認識できなくなる。

弾いて音質向上に務めるが、カメラと同様にギターも増えてしまって弾き切れなくなったので生涯の1本を残してあとは里子や売りに出した。当然のことながらギター本体はそうそう買えないので、今度は周辺アクセサリーが増える始末である。その中から最も増えてしまったカポタストについて書こう。

いろいろ使ったがバネのクリップタイプはダメである。低音弦をおもいっきり引いた時、確実にビビる。使い勝手はいい。片手で使えるし、かんたんにヘッドに挟んでおける。しかしビビるので最初に買ったきりもう買わない。このヘッドに挟んでおけるというのが曲者で、クリップタイプのチューナーもそうであるがヘッドに付けたままで平気でステージに立ったりテレビに出たりするのは粋ではない。むしろズボンのチャックを開けたまま、あるいはポケットの内側を外に出したままのようでなんだか見苦しい。

前文長くなったが、色々紹介していこう。星5つを最高点とした。

Capo 星★★★★★

ダンロップ・DCV-50C 。私の中で最高である。重さもしっかりあって古風で仏具のような渋い金メッキなので茶色にギターに合う。なにより昔のgibsonにあるVシェイブの太いネックでもちゃんと閉まる。難点は一度やってしまったことであるが、コンクリートなど固いところに落とした時、打ち所が悪いと割れることである。それから締め付けネジのストロークが荒いので、締め付けに力がいるかもしれない。しかしそれらを含めて男らしく燻し銀なカポなのである。

Capo3 星★★★★★

ペイジ・カポ 。他のカポは平面であるのに対し、弦を押さえるラバーが丸く薄型で余分なところまで押さえないので、粒立ちがいいような気がする。Vネックでも問題なく使えます。一言で言うとシャープな印象。緩めてナット上部まで持っていきバレないように収納できるのがいい。ミュージシャンでもあるブライアン・ペイジさんが納得がいくカポがなかったので作ってしまったというもの。

Capo6_2 星★★★★★

Elliott(McKinney) Elite Capos 。カポ界のロールス・ロイス。3万円くらい。なので使ったことが無いです。上記のペイジ・カポと同じようだが、所有欲が半端ない。シルバーとゴールドがあるがどちらもピカピカである。一度は持ってみたいと思うが、カポってよくなくすものなので悩みどこである。

ここまで星5つばかり紹介したが、次回は他のカポを紹介したいと思う。

« namiki falco ナミキファルコンという万年筆 | トップページ | gibson L-00 »

Gの物欲」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118928/61891821

この記事へのトラックバック一覧です: ギターのカポタスト part1:

« namiki falco ナミキファルコンという万年筆 | トップページ | gibson L-00 »