THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

« Localsというサンダル。 | トップページ | NATOストラップとZuluストラップ »

2015.08.14

fifty fathoms (フィフティ・ファゾムス)という定番

他がマネをする定番がある。ギターではマーティンのD-28、ギブソンのJ-45。カメラではライカM型であるし、ダイバーズといえばロレックスのサブマリーナだったりする。廉価メーカーがマネするほどの定番はその道の開拓商品でもある。要はD-28に代表されるドレッドノートはマーティンが製造するまではその世界にはなかったのである。

さておき、最近ヌルっとぼってりした腕時計がキュンとくる。特にベゼルもっさり大定番はブランパンのfifty fathomsである。

_fifty_fathoms

ベゼルのもっさり感は光の具合でテカテカしてほんとにチープでいい。これを手本にセイコー5・スポーツ(輸出向け)があり。文字盤をブランパンに入れ替えたfiftyfive fathomsなる改造品が出回ったりしてる。

Snzh55k11

その他に、カリフォルニア生まれのLAのプレイウォッチでsky watchがある。これははっきり言ってほぼパクリに近いがちゃんとスイスで作っている。

210412101050001ora1

風防がニョインあるいはボッテリしているのにも惹かれるものがあって、代表的なものにユンハンスのマックスビルがある。

Photo

黒ベルトが特に格好良く渋い。apple watchにもあるクサリカタビラのようなチェーンが素敵だと思っていたが、どうやらオネエのイメージが強いようで知ってか知らずか、その道の人を引き寄せるようである。

スントのベクターも素晴らしい。プラスチックの無駄なもっさり感はGショックのジェイソンさながらである。これはこれでまねっ子メーカーが存在するので登山では定番なのだろう。

Photo_3

最後に風防ヌルっとの大定番を紹介しておこう。クロノグラフはどのメーカーもまとめ方に苦労しているだろうが定番のイメージにはOMEGAのスピマスが頭に浮かぶ。ロレックスでさえクロノグラフは格好良さの点では評価がそれほど高くない。それを風防のデコリ感とともに格好良くまとめたものにブレゲのアエロナバルがある。革ベルトが渋い。チェーンだとデコデコしすぎて胸焼けを起こしそうである。

Photo_4

« Localsというサンダル。 | トップページ | NATOストラップとZuluストラップ »

Gの物欲」カテゴリの記事

腕時計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118928/62083372

この記事へのトラックバック一覧です: fifty fathoms (フィフティ・ファゾムス)という定番:

« Localsというサンダル。 | トップページ | NATOストラップとZuluストラップ »