THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「腕時計」の5件の記事

2016.01.09

NATOストラップとZuluストラップ

Nato02

NATOストラップといえばジェームス・ボンドである。ボンド演じるショーン・コネリーがロレックス・サブマリーナに使っていたことで有名になった。以来、高級時計のハズシとして定番化した。

続きを読む "NATOストラップとZuluストラップ" »

2015.08.14

fifty fathoms (フィフティ・ファゾムス)という定番

他がマネをする定番がある。ギターではマーティンのD-28、ギブソンのJ-45。カメラではライカM型であるし、ダイバーズといえばロレックスのサブマリーナだったりする。廉価メーカーがマネするほどの定番はその道の開拓商品でもある。要はD-28に代表されるドレッドノートはマーティンが製造するまではその世界にはなかったのである。

さておき、最近ヌルっとぼってりした腕時計がキュンとくる。特にベゼルもっさり大定番はブランパンのfifty fathomsである。

_fifty_fathoms

続きを読む "fifty fathoms (フィフティ・ファゾムス)という定番" »

2015.07.18

CASIO データバンク DBC-611

Img_2075CASIO databank DBC-611

アップルウォッチが世間を賑わせている。アップルウォッチ以前にもスマートウォッチは数あれど、本家登場にはさすがに斥候も静かになってしまった。しかし、20年位前からこのような時代を見越してCASIOはすでにスマートウォッチ開発していたのである。その雄、このデータバンクは1984年発売されとても人気があったので2008年に復刻したものである。いかにもパソコンを小さくしたようなレトロな感じは素敵である。他の時計と違う機能としては、電卓、テレメモと称した電話番号メモリー、スケージュール機能(日付時刻のアラームと12文字までのメモ)がある。一つ前のDBC-610とキーボードの文字が違うようだ。

面白いので、CASIOのスマートウォッチ第一人者としての他の機種を見ていこう。

続きを読む "CASIO データバンク DBC-611" »

2015.07.16

TAG HEUER フォーミュラ1

Tag1_2

タグ・ホイヤのフォーミュラ1。民放でF1が放送しなくなり数年が立つ。今では有料放送しかなのだが、ファンとしてはちゃんとお布施を毎月しながら見ている始末である。

私がF1の虜になったのは、アイルトン・セナである。音速の貴公子などと言われていたが、ナイーブで人間らしいところに多くの人が惹かれた。1980年代後半からのマクラーレン・ホンダというマルボロカラーのシャーシと日本製のエンジンは最強を誇った。セナはマクラーレンとホンダが最も輝いた時代のドライバーだった。

Tag2

タグ・ホイヤーは当時まだ廉価な時計を作っていたが、ブランドイメージ拡大のためF1チームのスポンサーとなった。今ではそれが功を奏し高級時計ばかりになってしまったが。このフォーミュラ1は当時のマクラーレン・ホンダチームに支給したもので、チーム全員がこの時計をしていたのである。YouTubeでこの時代のF1を見てみると、たしかに皆つけてる。

色んなカラーが出ているが、やはり最上部写真のカラーであろう。作りはチープで普通のクウォーツ時計である。それでもダイバーズらしく200mまでいけるらしい。これを当時29000円の定価をつけて売っていたが今でもも中古で似たような値段もある。

使っていて気づくのはやたらベルトが長いことだ。日本人の腕は海外の人に比べるとそんなに細いのかと疑ってしまう程、長い。時々このベルトを切ってしまっているものに出くわすので購入には注意が必要である。それからケースが34mmと小さい。当時はそれくらいが平均かも知れないが、今の存在感満載の時計に慣れすぎると、すごく小さく見える。レディースかと思ってしまった。

TIMEX IRONMAN 8lap 1986

Timex

タイメックス・アイアイマン 8lapである。実はこれは2度目の復刻である。下記の写真は1回めの復刻であるが微妙にdateの位置や大きさが本物とは違っていた。この2回目はだいぶ近くなった。タイメックスといえば廉価な時計のオンパレードだが、なかでもこの8lapはレトロ感とチープ感と野暮ったさがいい割合でブレンドされている。

ストップウォッチ機能を全面に押し出していて、そのストップウォッチ・ボタンも全面に出ちゃったというもので、当時としては珍しいかどうかわからないがタイムが8つメモリーできる。はめてみると意外に小さく、力仕事をしていても手首が痛くならないし、細身の私にとってgショックのように手首の骨にゴリゴリ当たらないのがいい。

タイメックスだけあって廉価なので汚してなんぼの時計である。シルバーはじめ色々なカラーが出ているが、8lapはこの色以外邪道なのである。

Timex2