THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「その他アイテム」の3件の記事

2015.07.26

Localsというサンダル。

Photo

Localsというサンダルがある。見たことがある人は多いだろう。私は夏の間はいつもサンダルのなので結構うるさい。いつもと言っても、皆の言ういつもとは違う。夏の間は6月上旬から10月下旬であるし、そもそも仕事で履くのである。

行き着いたのはこのLocalsである。数年前までは安かろう悪かろうを使っていたし、名の知れたものでもすぐダメに成った。このLocalsに出会う前までは1年に3足を履きつぶしていた。大体のサンダルは鼻緒が切れる、伸びる、抜ける。すぐソールがツルツルになって滑るようになる。Leafとかでもこの裏底ツルツル問題はある。Localsはツルツルになりにくく鼻緒が切れない、伸びない、抜けない。

このLocalsは余り店頭で見かけない(普通の靴屋等の話)。だからネットで買う。カラーバリエーションはそこそこある。

20150726_205126

一応公式サイトの説明を載せておこう。

ハワイ、オアフ島にて1982年創立以来ハワイのローカルたちに最も愛されているビーチサンダル。ハワイを感じる上でとても象徴的なアイテムであるビーチサンダルは1940年代に日本から” Zori ”として渡った。LocalsはUSAで最初の” Zori ”ディストリビューターとなり、ローカルたちの集うサーフショップやスケートショップにてセールスを成功させた。2011年には拠点をカリフォルニアに移したがメンバーはマウイ島とハワイ島の元住民で構成されておりブランドとしての意思を引き継いでいる。

とのことである。http://www.locals.jp

2015.07.17

new balance m1300

Newbalancem1300jp2

ニューバランス M1300 jp2である。ついこの間の2015年3月末に発売された。オリジナルM1300は1985年であった。ラルフローレンが雲の上をあるているようだ、と言ったり。スニーカー界のロールス・ロイス(値段も)だとか。色々逸話はあるが、正直履き心地は今のスニーカーのほうがいい。が、形はこれぞスニーカーであり、いちばんかっこいいと思われる。

1995年から復刻版が出だした。そして5年毎に復刻しており、回数を重ねるごとにオリジナルに忠実になってきている。5年に1度しかないし、数も限定してるのでレア度が高い。2010年最高傑作と思っていたが2015年はどうであろうか。それから今回はJP2としてるが前作からJPが付くようになった。

発売日前にnew balance公式の購入抽選登録したが当然ながら買えなかった。すぐに3倍ほどの値段でオークションに並んでいるのを見ると悲しくなった。その分はちゃんとと欲しい人に買わせてほしいものだ。

いかにレア度満載のスニーカーであろうともたかがスニーカーで、加水分解からの呪縛が解かれたわけではない。2005年のM1300も1年前に逝ってしまった。2010年のものもいつまで持つのかわからないので履きつぶすしかない。道具は使ってなんぼだと思うので、このスニーカーの強制性は粋だ。

Display_1_20102010年復刻

Display_1_20052005年復刻

2015.07.15

namiki falco ナミキファルコンという万年筆

パイロットの万年筆である。日本での販売名はエラボーという。きっかけはこの動画である。

このニブの柔らかさ筆のごとく、惚れます。パイロットのページでよくよく調べてみると当然ながらいろいろな柔らかさが選べるものの、このナミキファルコンは特に柔らかいらしい。と言っても筒はプラスチックなので高級感はない。しかし話題のものとなると物欲を刺激されてネットを探しまわるのだが品切ればかりだった。数年前のはやりの時期なので仕方なかったのだが、今ではAmazonで普通にしかも少し安く買えてしまうのが悔しい。
ニブはソフト細字SF、ソフト中字SM、ソフト太字SBから選べる。以前万年筆を購入した時太字を買って使い道が見つからず困った。ので中字を選択したが、使ってみるとニブが柔らかいので細字のほうが日常筆記には使いやすいだろう。
ついでにインクタンクも購入。やはりここはパイロットのよく文芸雑誌の広告に出でくる色彩雫である。色は深海。なんとも日本語のインク名でおしゃれだ。
2_iroshizuku_shinkai
インクはカートリッジも使えるけれどもコンバーターで吸い上げて使う。しかしこのナミキファルコンの付属コンバーターはインク量が少ないので書物などしているとすぐになくなってしまう。
ちょっと使っていて気づいたのだが、他の万年筆よりは柔らかいのは当然だったが、あの動画のようにはいかない。YouTubeのコメント欄を見るとどうやらそこで使っているナミキファルコンはニブが更にしなってもインクがついてくるように改造が施してあるとのこと。しかも改造したものを販売している。欲しかったらこちらから。ブームに乗り少し騙された感がでたが、満足である。