THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ギター」の5件の記事

2015.07.18

THE RPGSのセカンドアルバム 「ロッチ」

Cd


コスモスに続く第2弾、THE RPGSのセカンド・アルバム、「ロッチ」できました。iTune store、レコチョクなどの配信サイトで買えます。相変わらずクオリティー低めです。著作の関係でタイトルを「ロ゛ノチ」にしたり。曲名にユニクロCM、ゼルダの伝説が使えなかったりしました。配信版は名前を少し変えてあります。現物がほしい方はご連絡ください。オフィシャルページはこちらです。

2015.07.16

ギターのカポタスト part2

part1からの続きである。

Capo4星★★★★

Planet Waves by D'Addario PW-CP-02 NS Capo 。著名なデザイナーであるNED STEINBERGER氏とD'Addario社とのコラボレーションによって生まれたNSラインシリーズ。マイクロメータースクリューのお陰でどのフレットでもしっかり締まるらしい。実際ネジのトルクもよく、先に紹介したダンロップよりも締めやすい。しかし軽いせいか安っぽい。書くレビューの評価も高く、この値段帯では最上位であろう。
初期の頃とロゴが変わり、D'Addarioを全面に押し出してきた。D'Addarioといえばアコギ弦である。スモールサイズのgibsonに似合うドブ臭い弦であるが、このカポにはそれが感じられない。

Capo2星★★★

G7th ジーセブンス カポタスト 。色々なカポの中で一番重たい。76グラムもある。ヘッドの振動を抑制するため、音が変わったように感じる。それがいい音と思えば吉。悪いと思えば凶である。ヘッドにおもりを付けるなるアイテムが実際に売られているいのでブヨンブヨンの軽いギターにはいいかもしれない。

評価は高く色んな賞をとっている。使い方はカポの先端を手で持って挟みこむのだが、結構ちゃんと閉めないとビビる。ちゃんと締め付けるとなる力がいる。内蔵されいる独自のクラッチ機構は大したもので、一度閉めると二度と戻らない。
写真の物は前モデルで、現行はテキストリンクのようにクラッチ解除のノブの形状が変わり、重さも30%ダウンの53グラムになってその特色を薄めた。最重量を求めるのなら、在庫がまだある今のうちである。

Shubbc1787449

星★★★

shubb C1である。渋い。星が3つなのはVネックのギターに辛いからである。色々なタイプがあるがこのブラス・ニッケルメッキがshubbカポのど定番である。使い込んでニッケルメッキが禿げるさまは粋である。現行品は下記画像のように変なローラーがついてしまった。なにより悪いのは高さ調整ネジついたプレートの形状が変わってしまったことだ。ここにshubbの刻印があるが、このプレート、いかにも文鎮、あるいは延べ棒のごとく物質的存在感がある。これが現行品にはない。買うなら今のうちだ。

Shubb_sc1nda_2

PETERSON Strobo Clip クリップ式ストロボチューナ

Peterson

PETERSON Strobo Clip クリップ式ストロボチューナー  である。楽器の音合わせの道具なのだが、ピーターソンのストロボチューナーといえば世界最高峰のチューナーである。これはクリップタイプの擬似物ではあるが本家が出している。画像の液晶部分のスリットパターンがその象徴だ。

下記画像が本物であるが、相当でかく高価だ。本物の仕組みは、スリット状パターンがある円盤の後ろに音の振動と同期して光る光源が置かれており、 円盤がある速度で一定回転している時に、光のON/OFFとスリットのON/OFFのタイミングが全く一致している時は円盤は回転していないように見える。 そこから光(音)の周波数が少し高くなると円盤はゆっくり回転しているように見え、逆に低くなると逆回転して見え、周波数差が大きいほど速く回転して見える。円盤が止まるように見えるようになると設定した音程と合致したとういうことになる。

メリットは何かというとタップ音などの短い音でも反応するということと、パターンの変化は視認しやすく、少しのズレに気付きやすい点にある。

本物はさておいて、こちらのバーチャル式は他の指針式のチュナーの10倍と謳っている。バーチャルなので実際にはストロボは使っておらず液晶のグラフィックがそれを模しているだけであるが、本物同様ズレを認識しやすい。これはライカのに直線を目標にした重像合致式のピント合わせにも言えたことで、目の視認性の向上で精度は10倍になるらしい。

実際使ってみるとスリットのグラフィックが右へ左へ回転するのを止めるように音を合わせていく。なるほど指針と違ってほんの少しのズレでもスピードは遅くなるが見た目大きく右や左に回転するのでわかりやすい。しかし、アコギは弦の伸び縮みが激しいので全部合わせ終わったら最初の弦がずれてるのがこのチューナーでは如実にわかるのでつい神経質になってしまう。日常使いだと結構疲れるので、ある程度のズレは許容する。

この視認マジックの精度は驚くもので、実際今まで道理の指針式のチューナーで合わせたアコギをこれでチューニングするといかに正確でなかったことが分かるくらいだ。ジャラーンと引いたコード音もいつもよりまとまりがあるように感じた。

Peterson2

gibson L-00

Gibsonl00_2

gibson L-00。ビンテージではなく、1932年のリイシュー・モデルである。gibsonも最近では復刻モデルにとても力を入れており、だいぶホンモノに近いのである。スペックを載せると、

TOP:Adirondack Red Spruce
SIDE&BACK:Mahogany
NECK:Mahogany
FINGERBOARD:Rosewood
SCALE:25”(635mm)
NUTWIDTH:1.75”(44.5mm)
With HARDCASE

アディロンダック・スプルースというのがレアである。いまやブラジリアン・ローズウッド別名ハカランダの次に希少である。ワシントン条約以降の輸入制限でそうなったわけだが、最近どういったわけか結構これらの素材を使ったギターは多い。値段は高いが。

アディロンダック・スプルースは別名レッド・スプルースと言われアコギの素材としては最適とされている。確かに現行に最も多いシトカ・スプルースより木目が細かく整っているが、むかしはハカランダ同様、質、量ともにメーカーが使いやすかったからそうであったのであって、そのうち現行多くのギターのサイド、バックに使われているインディアン・ローズウッドも何十年後には「あの時の音は良かった」なんて言われているのだろう。実際マーティンでも代替品をそろそろ探している。

このL-00はオープン・ペグやペグのプラスチックのノブ、タイガーストライプのピックガード、コーティングもラッカー、ニカワ接着、V型のネック、スキャロップ・ブレーシング、シルクスクリーンのスクリプト・ロゴと細かいところまで再現している。少し前のgibsonのように現行品のブルースキングをちょいといじくって、ハイ出来ましたという感じではない。

リイシューモデルに本気を出してきたなと思わせる1本である。マーティンのオーセンティック程ではないが。

2015.07.15

ギターのカポタスト part1

ギターは弾くほどに音が良くなる。これは新品を買って実感したのだが、2年位はある程度右肩上がりに良くなることが実感できるが、それ以後は緩やかなグラフになるようで私のような貧素な耳では認識できなくなる。

弾いて音質向上に務めるが、カメラと同様にギターも増えてしまって弾き切れなくなったので生涯の1本を残してあとは里子や売りに出した。当然のことながらギター本体はそうそう買えないので、今度は周辺アクセサリーが増える始末である。その中から最も増えてしまったカポタストについて書こう。

いろいろ使ったがバネのクリップタイプはダメである。低音弦をおもいっきり引いた時、確実にビビる。使い勝手はいい。片手で使えるし、かんたんにヘッドに挟んでおける。しかしビビるので最初に買ったきりもう買わない。このヘッドに挟んでおけるというのが曲者で、クリップタイプのチューナーもそうであるがヘッドに付けたままで平気でステージに立ったりテレビに出たりするのは粋ではない。むしろズボンのチャックを開けたまま、あるいはポケットの内側を外に出したままのようでなんだか見苦しい。

前文長くなったが、色々紹介していこう。星5つを最高点とした。

Capo 星★★★★★

ダンロップ・DCV-50C 。私の中で最高である。重さもしっかりあって古風で仏具のような渋い金メッキなので茶色にギターに合う。なにより昔のgibsonにあるVシェイブの太いネックでもちゃんと閉まる。難点は一度やってしまったことであるが、コンクリートなど固いところに落とした時、打ち所が悪いと割れることである。それから締め付けネジのストロークが荒いので、締め付けに力がいるかもしれない。しかしそれらを含めて男らしく燻し銀なカポなのである。

Capo3 星★★★★★

ペイジ・カポ 。他のカポは平面であるのに対し、弦を押さえるラバーが丸く薄型で余分なところまで押さえないので、粒立ちがいいような気がする。Vネックでも問題なく使えます。一言で言うとシャープな印象。緩めてナット上部まで持っていきバレないように収納できるのがいい。ミュージシャンでもあるブライアン・ペイジさんが納得がいくカポがなかったので作ってしまったというもの。

Capo6_2 星★★★★★

Elliott(McKinney) Elite Capos 。カポ界のロールス・ロイス。3万円くらい。なので使ったことが無いです。上記のペイジ・カポと同じようだが、所有欲が半端ない。シルバーとゴールドがあるがどちらもピカピカである。一度は持ってみたいと思うが、カポってよくなくすものなので悩みどこである。

ここまで星5つばかり紹介したが、次回は他のカポを紹介したいと思う。