THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「その他のカメラ」の5件の記事

2009.01.10

ライカではないのですが、フォカ(FOCA)です。

Foca001_2 今回はフランスカメラのフォカです。フランスのエスプリ、なんて呼ばれます。ライカ的名前の付け方で、フランスのOPL社のカメラなのでFOCAです。色々と種類があるのですが、有名なのは写真のようなレンジファインダーのFOCAでしょう。星の数でランク分けされており、カメラ正面左下のネームプレートに星が書いてあります。上からツースター(PF2B)、ワンスター(PF2)、スリースタート(PF3)呼ばれます。発売されたのは1945年です。

このスターシリーズはレンズ交換式(独自のスクリュー)ですが、距離計は50mmしか連動しません。

Foca003 ワンスターは距離計無しのモデル、ツースターは距離計が付いたモデル。スリースターはツースターに低速シャッターが付いたモデルです。低速シャッターはバルナック型ライカのようにカメラ正面のダイヤルです。

Foca002_2 今ではこのフォカも有名ですが、何も知らない人なぞは、巻き上げにとまどうでしょう。シャッター速度設定ダイヤルそのものが、巻き上げノブなのです。しかも最後まで巻きあげずに手を離すとキュルキュルっとスプリングの効いたノブが回転し戻ってしまう。この時フィルムはどうなっているんだろうと不思議に思うが、そこら辺はうまくできている。たるまない。

この巻きあげ方式がフォカをフランスのエスプリたる所以にしているのだと思います。粋な巻きあげは、ハッセルブラッドのノブ式のごとく、ノブをつまんで本体の方を回転させるのです。ファインダーが小さいので、外付けのファインダーなんかをつけると手が引っかかってこれができない。要は余計なことはするなと言うことなのだろう。

Foca004 シャッター音はジャ、と大きめ。ゼンマイが戻るみたいです。ライカM型なんかを使っていると、大変歯ごたえがあります。

Foca005 今回私が手にしたFOCAは、このスターシリーズの次のモデルであるFOCA UNIVERSAL(フォカ・ユニバーサル)です。何が違うかと言えば、スリースターがバヨネットでレンズ交換できるようになったことです。距離計は50mm以外でも連動します。とは言っても、交換レンズ単体でオークションでも中古屋でも売っているところをみたことがない。売っている物としては、本体とレンズセットのバカ高い物だけです。

フォカはその後、一番下の写真にあるようにレバー巻きあげなりました。このレバーも職人の手作り的で華奢で物としての魅力があります。その後も色々と変わるようですが、このレバー巻きあげでフランスのエスプリは終わりです。

この中で、最も粋なFOCAはツースターでしょう。低速など使わぬスタイル、何よりレンズ右下にコブのように付いている距離目盛りが粋なんです。レンズもf3.5だしね。

2008.07.15

ライカではないのですが、レチナです。

Retina2c ライカではないのですが、レチナです。特にレチナ2cです。cは小文字です。(メルマガの文字化けの関係で英数字であるべき所で、アラビア数字を使っています)

レチナにはいろいろとタイプがあり、中古市場で最も人気が高いのが3C(写真2枚目)です。Cは大文字で、別名、大窓なんて呼ばれています。

Retina3c_2 レチナを簡単に説明しますと。ジャンルはスプリングカメラです。蛇腹を利用して、使わないときは3枚目の写真のようにコンパクトになります。1型は距離計の付いていない目測式のもの、2型は距離計付き、3型は2型にセレン露出計をつけたものです。

すべての型に共通のマイナーチェンジがある。ただのレチナ2だったら、ノブ巻き上げ。レチナ2aだったら、レバー巻き上げ。cが付いたら、下部レバー巻き上げのレンズ交換できるタイプ。Cが付いたら、cに35㎜、50㎜、80㎜のブライトフレームが付いたタイプです。他にもbやsとかありますが、まあだいたいこんな物です。

Retina2c_3 ここで取り上げたレチナ2cは、スプリングカメラの完成系ではないでしょうか?3Cは人気が高いですが、セレン受光部がゴテゴテした感じで、当然露出計の精度も心配です。ライカを始めクラシックカメラが好きな人は露出計なんていらない、なんて人が多いんじゃないでしょうか?

2C(4枚目写真)もありますが、数が少なく、スタイリング的にも野暮ったく2cにはかないません。3c、3Cと2cの差を決定付けるのはレンズです。3型にはクセノンかヘリゴンの50ミリF2が付いていますが、2型のクセノンF2.8がそれよりも高性能なのです。F値が1段暗いので、解放では当然F2.8の方がいいに決まってはいますが、F5.6位の勝負でもクセノンF2.8の方がすばらしいんじゃないでしょうか?

Retina2c_2 この2cの描写をみて、中古カメラ本をたくさん出版している赤瀬川原平が、ライカレンズ以来の衝撃があったなんて書いていましたが、私も衝撃を受けました。ライカレンズといってもズマールなどではなく、赤エルマー、ズミクロンといい勝負かも知れません。何より値段が安い。最も安いライカレンズが買える値段(2、3万)で、買えてしまう。

感触もなかなかよく、ピントレバーのスムーズさや巻き上げもいい感じです。バルナック型ライカのように境目がよくわからんファインダーではなく、2cでも50ミリのブライトフレームはあるので、パララックスに注意すれば使いやすい。大窓では採光窓を設け、よりハッキリしたフレームである。

このほかレチナのいいところは、素人でも簡単にトップカバーがはずれて、ファインダークリーニング、距離計調整がしやすい(距離計調整については色々なサイトがある)。そして何より使いやすい。蓋が横に開くので、左手グリップがしにくい向きもあるが、慣れてしまえばハンディーカムの要領でホールディングすれば安定感抜群である。以前書いたビッテサもそうだがスプリングカメラ特有の気を遣う箇所がこのレチナには無いのである。

2008.06.30

ライカビット症候群

A03 ライカビット症候群。あると思います。無性にライカビットが欲しくなる病気です。しかし財布が許さない。だってあんなカメラ底部に付けるだけのものが、新品でも中古でも十数万するんですから。質量に対する値段が宝石なみです。

しかも色々とルールがある。昔のM型用ライカビットはMPか改造してあるM3かM2にしか付かない。現行品のライカビットはモータードライブ用のギアと連結する方法ですので、M4-2以降の機種なら取り付け可能。M4とM5は基本付かない。M5は特に底蓋の形状そのものが違う。M4MOTには付くのかなあ?

A04 ライカビット症候群の処方箋はあります。一番の近道はエイブラハムソンとか言う人が作った非純正品を使うことです。以前レモン社の広告に出ていたけど、今もありますかねえ。5万円くらいだったと思います。使った人曰く、やっぱり純正のライカビットの方が心地よいと言うことです。

もう一つの近道は、一応ライカを使うと言うことでライカピストルにすることです。M型用のライカビットよりは安くつきますが、バルナック型ライカは大きさの種類も多いですから、ライカピストルの種類も多い。購入の際にはご注意を。特にボディーナンバー159000より前の機種はカメラ自体に改造が必要です。それからトリガーが折り畳めないので、取り付けたらカメラがゴロンゴロンして置き所に困ります。A02

遠回りとしては、ライカビット以外のトリガー巻き上げのカメラを見つけることです。これだったら結構、安く、効果も高い。

有力候補としてはコシナのトリガーワインダー。現行品で2万円そこそこで購入できます。それには当然、フォクトレンダー、ベッサを買うか、持っていないと駄目です。

ライカビット症候群の麻酔として最も格好いいのがCANONのレンジファインダーカメラ、VTとⅥTです。このTはトリガーのTで他のVLやⅥLは通常のレバー巻き上げです。A05 マウントはライカLマウントですので、ライカレンズの資産を生かせます。ⅤとⅥは何が違うかと言えば、主にファインダーとシャッター速度ダイヤルで、Ⅵはパララックス補正がつき、シャッター速度が持ち上げるて指標を合わす方式からただ回すだけで良くなりまた。完全にバルナック型を遙かに超え、M型ライカと良い勝負をしています。このトリガーレバーの底蓋は固定されていて取ることは出来ません。これ以前のバルナック型タイプのCANONには取り外すことの出来るトリガーワインダーがありました。ライカピストルのようなものではなく、ライカビットを小さくしたようなものです。ある意味そちらのバルナック型CANONの方がライカビットに近いかもしれません。

007 処方箋の最右翼としてはリコー35S、リコーS2です。他にも色々な名称であります。これまでのような真横に引くタイプではなく、レバー巻き上げのように円を描くのですが。これが結構やみつきになります。なかなかカメラのスタイルも格好良く出来ています。

2008.05.12

ライカではないのですが、フォクトレンダーのビテッサです

Vitessa01_3 フォクトレンダーのビテッサ買いました。正確にはビテッサLという機種で、ちょうどライカM3が発売になったと時に登場したモデルです。ジャンル的にはスプリングカメラにはいると思われますが、ちゃんとレンジファインダーも付いてます。このビテッサLはフォクトレンダーが製造したスプリングカメラの最終機種で、露出計を外したビテッサⅢもセカンドラインであります。フォクトレンダーのレンジファインダーの最高機がプロミネントなら、ビテッサはスプリングカメラの最高機でしょう。大変プリミティブでさわって楽しいカメラです。

Vitessa02_3 特徴はプランジャーと呼ばれる煙突のような突起物です。これを押し込むことでシャッターチャージとフィルムを送ります。ビテッサの初期型はプランジャーを押し込む力を少しでも軽くしようと巻き上げの際フィルム圧板が後退する機能が付いてました。

蓋を閉じると、右のようになります。プランジャーも畳めます。開くときはシャッターボタンを押します。この時勢いよくプランジャーが伸びますので手で押さえてゆっくりのばした方がよいようです。レンズ部もガコっと勢いよく飛び出しますので手で押さえてゆっくり出します。これ、すべてのスプリングカメラの基本なり。

右側の真ん中にある窓がフィルムカウンターです。これがくせ者で、フィルムを交換する際にニコンFのように底蓋と側面がすべてはずれますが、この時にフィルムカウンターをいじっておかないと後から外部から操作する術がないのです。

Vitessa03 背面です。左側の丸窓がファインダーでちゃんとパララックス補正する優れもの。ファインダーの見えはM型ライカに比べると劣る。バルナック型ライカのようなもの。でも測距は一眼式です。

真ん中右よりにあるダイヤルが、ピント調整です。一番右側の丸ボタンは下記の露出表示板の切り替えダイヤルです。

Vitessa04_2 右写真が上からのものです。上記したピント調整リングを回すとアクセサリーシュー右の丸い円盤が回って距離を表します。被写界深度も教えてくれます。右側が露出表示板です。セレンで電池は不要です。ビックリしたのは今でも生きていたと言うことです。まあだいたいですけど。上記した切り替えダイヤルでフィルム感度対応したA~Fの表示に切り替えます。後は指針が示して数字をシャッター部に移します。フィルムの巻き戻しは底面にあります。

Vitessa05 レンズ部です。下部に数字が並んでいますが、ココの指標を露出計の数字にあわせます。いわゆるライトバリュー方式というやつでこの時代にはやったものです。要はこの数字さえあわせておけば、絞りとシャッタースピードが連動します。シャッタースピードを動かせばそれに吊られて絞り値も変化します。

ココでの写真はいろいろなビテッサのもを使っていますが、レンズはカラースコパー50mmf3.5、f2.8、ウルトロンf2です。シャッターはシンクロコンパー。セルフタイマーも付いてます。レアものとしては、円形絞りのレンズが存在します。

これはとても楽しいカメラです。いろいろな機能が付いてます。さすがに世界最古のカメラメーカーが乗っている時期に作ったカメラだけある。一眼レフからライカを使ってみたときと同じようなインパクトがありました。おすすめします。次はレチナⅢCに行かないとね。

2006.09.02

ヘキサーRFってどうなの?

コニカ・ヘキサーRF。これぞM8であるぞと思ったが、なかなかどうして当たりはずれがある。ハズレというのは、距離計の狂いやすい個体のことである。

ヘキサーRFにも前期型と後期型がある。レンズ脱着ボタンに不用意にボタンを押さないようにカラーが付いたのが後期型で、付いていた無いのが前期型である。そのうち後期は当たりが多いと言われている。

私のヘキサーは見事にはずれてしまった。距離計が無限で狂い。直し。今度は縦像が狂い。直しの繰り返しである。とくに縦像はちょっと小突いただけでガタンとずれる。鞄に入れて持ち運んでいたら、ファインダー部分がカタカタと何かがはずれた音がする。そしてまた修理に出す。こう言ったことを4、5回繰り返し、いい加減にしろと返品を願い出たが、メーカーはもう一度しっかりと直すから様子を見てくれ、と修理され帰ってきた。

なるほど今度はいい感じである。メーカー曰く、ファインダーレンズの接着がしっかりされていなかったのことである。とはいえ、明らかにコニカミノルタの修理ミスである。カメラ事業から撤退したからといっても、いい加減では困る。

しかし、しばらくするとまた縦像が狂い始めた。念入りに修理して1ヶ月も開かずしてである。今度こそ返品すると先日モノを送った所である。今は原因を調べるため調査中とのことであるが、こちらは度重なる修理の連続で、実際にヘキサーが家にあるよりも修理所にある時間の方が長いかもしれない。こちらとしてはすぐに返品を希望しているのにメーカーは直るかどうか調査する。これはいかがなものか?これだけ入退院を繰りかえしているのに、直った所で元の木阿弥である。このメーカーの対応に憤る毎日である。