THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「MLマウントレンズ」の4件の記事

2007.06.11

ズマロン(summaron) 35mm f2.8

Summaron_01 ズマロンf2.8です。ズマロンは35mmしかありませんが、f3.5とf2.8があります。一番古いズマロンはバルナック型ライカ用のスクリューマウントでズマロンf3.5です。その次にLマウント、Mマウント両方で製造されたズマロンf3.5、最後にf2.8のズマロンです。ライカのレンズの中では最も廉価ではないでしょうか?

ライカの精密感を語る上で知っておかなくてはならないのが、M3の巻き上げフィーリングとズミクロン8枚玉、スーパーアンギュロンf3.5、エルマリート28mmの初期、そしてこのズマロンf2.8の無限遠ロックのパチッと感ではないか。これらのレンズの中でズマロンは最も低価格でその精密感が体験できる。しかも鏡胴はズミクロン35mm8枚玉と共用である。実際ぱっと見るとズミクロンと見間違えます。廉価と言っても例外もあり、Lマウントのズマロンf2.8は製造本数が少ないのでチョット高めです。

今回取り上げるこの通称メガネ付きズマロンはM3用として発売された。M3には35mmフレームがないため、メガネ効果で50mmフレームを35mmフレームにしてしまう優れものだ。M3用だからと言ってM2以降にも使えないことはなく、ちゃんと使える。当然50mm枠を35mmにするのだ。気を付けなければならないのは、メガネなしのM3用で、おそらくM3に35mm外付けファインダーを付けることを前提に作られたもの。これは50mmフレームを35mmしてくれるメガネがないので、M2以降に付けると50mmフレームが出てしまう。これでは如何と当時のライツもその後ちゃんと35mmフレームが出るズマロンも作っている。これはズミクロン35mmにも言えること。

特にこのMマウントのズマロンf2.8の中でも、写真のようなメガネ付きはメガネなしよりも安い。メガネが付いて高いのかなと思うけれども安い。これはすべてのライカレンズにいえることで、ズミクロン35mmの8枚玉、デュアルレンジ・ズミクロンもメガネ付きは安いのである。

理由としてはせっかくM型ライカの綺麗なファインダーをメガネ越しに湾曲してみたくない向きと、メガネ自体の状態が悪い場合が多い。確かにメガネを付けると周辺部はかなり乱れますし、メガネのコンディションが悪いものが多い。曇っていたり、バルサム剥がれがあったりしているものはかなり多い。特にメガネの物理的なズレは測距に影響するので厄介です。安いと言ってもライカの中での話で、正気に戻ると高いですから購入には慎重に。

※メガネ付きレア情報

通常、メガネなしのものは最短撮影距離が0.7mですが、メガネ付きは0.65mと5センチ短い。これはズミクロンのメガネ付きにも言えます。メガネ付きでも190万台の中には0.65の刻印のないものもある。しかし0.7mを超えてちゃんとレンズは繰り出せ、0.65mまで写る。

スクリューマウントのズマロンf2.8、ズミクロンはレアだからと言ってMマウントのリングを外したものが売られていたりする。ズマロンで言えば200万台にML兼用があり、200万台をすぎるとM用のみとなる。見分けのコツは、ちゃんとマウント取り付け指標(赤いボッチ)があるかないか。あるものは本物のスクリューマウントもの、無いものはリングを外したもの。リングを外したもので適正に安く売っていることがあるが、M3用のメガネ付きから外したものはバルナック型ライカではちゃんと測距出来ない。この場合距離指標に0.65mがあればM3用。無くとも0.7mで止まらず行き過ぎるのもM3用である。これらのことはズミクロンのメガネ付きにも言える。

160万台のパープルコーティングは特に写りがよいとされ、同じズマロンの中でもズミクロン並みで取り引きされている。

2007.03.15

エルマーの謎

ライカと言えばズミクロン。チョット昔の人なら、ライカと言えばエルマーと答えるはず。

Nobu_3 エルマーと言ってもたくさんあり、大きく分けると、Lマウント:エルマーf3.5、赤エルマーf3.5、エルマーf2.8。Mマウント:エ ルマーf3.5、f2.8。と分けられる。あくまで大きく分けたわけで、その中にバージョンはある。

今回はエルマーらしいエルマーである、Lマウントのf3.5の謎に迫ってみる。 写真にもあるように、ノブの裏に番号が振ってある。この写真に写っているのは3である。俗に鏡胴番号と呼ばれるもので、知っている人は知っているが、知らない人は知らない。

この番号は0から7まである。

0~3はカスタム鏡胴で、初期の距離計に連動しないバルナックのC型レンズを0マーク対応(距離計連動)に改装したものである。この番号は色々な鏡胴が存在し、中には赤エルマーにもある。

はバルナックⅡ型の頃のエルマー。ニッケルでピントノブが1周する全回転である。ピントノブにノッチが無く、無限ロックは出来ない。内部に特徴があり、ヘリコイドがガタつかないように一部をえぐって板バネで押さえるように工夫されている。最も手間のかかるえるまーだったといえる。エルマーらしいエルマーは4番のことを言うらしい。

はⅢ型やスタンダード型の頃。ニッケルで全回転。無限遠でロックが出来るようになった。4番の板バネはなくなった。の全回転タイプは一部のM型に使うと、ピントノブがボディーのレバーに引っかかって使えない。

は戦前戦後に最も多く見られるエルマー。クロームとニッケルメッキ。ピントノブは半回転になった。

は6と並び多く見られる。ほとんどがクローム。赤エルマーは6,7番にまたがる。

とエルマーは鏡胴番号だけでもたくさんバリエーションがある。あなたのエルマーは何番だろうか?ちなみに参考にした本は、ライカレンズ完全ブックである。

2007.01.19

デュアルレンジ・ズミクロン

デュアルレンジ・ズミクロン50㎜。通常はふつうのズミクロン50㎜(Mマウント2代目、1代目は沈胴のズミクロン)と同じ1メートルまでの撮影範囲であるが、アタッチメントのメガネをレンズにつけると、45センチまでよることができる。世代的には2代目ズミクロンと位置づけることができる。

結構、穴場のレンズである。なぜなら、あんなこった作りなのに、ふつうのズミクロン50㎜より安いからである。単に製造本数が、少ないからに起因しているが、接写もできて(といっても45センチまでであるが)、使っていて楽しいのに値段が安い、うれしい限りである。

バリエーションは2タイプあり、距離環ローレットが前期型は細かく、後期では荒い。これは通常のズミクロン50㎜と同じである。アタッチメントのメガネも前期型はライツのロゴに囲いがあるのが前期、無いのが後期である。このメガネの前期・後期が付いているレンズの前期・後期と入れ違っているものが結構あるので、購入の際には注意が必要である。、またメガネが付いていないこともある。

このデュアルレンジ・ズミクロンが通常のズミクロンよりも値段以上に優れている点は、光学的にズミクロンよりも焦点距離がより正確なものを使用している点にある。ズミクロン製造工程途中でよりよいものをデュアルレンジ・ズミクロン用に加工したのである。45センチまでよるのだから、より正確なフレームにするためなのだろう。

これぞお買い得、ズミクロンである。この2代目ズミクロン(デュアルレンジ・ズミクロンはこの2代目ズミクロンと全く同じ光学設計である)のアサヒカメラのニューフェース診断室での解像度レコードは未だに破られていない。あのレンズの帝王・ツァイスのプラナー50㎜より断然上である。まさに50㎜レンズの神なのである。

2005.07.01

エルマー50㎜

エルマーはほんと歴史が古い。元はツァイスのテッサーの当て馬なんですけどね。世の中じゃあ赤エルマー赤エルマーと言われますが、穴場を一つ。確かにスクリューのエルマー3.5Fは前世代に比べコーティングがいいですよ。でもね、そのコーティングが変わったのは指標が赤になってからじゃなく、その前からなのです。その目安は最小F値。ほら赤エルマーって22でしょう。そのずっと前は18だったりいろいろなのです。22に変わったときが実は赤エルマーと全く同じものなのです。ただ、字が赤でないだけで。値段にも反映されて、赤エルマーだと高いですが、これだと安い。まあしかし、純血ブランド主義者の多いライカ使いからすると、同じ描写でも赤い方を取るんだなこれが。

エルマーはf3.5のあとにガラスが変わってf2.8がでます。Mマウントのものなら結構どこの中古屋にも置いてあります。値段もお手頃。このf2.8にも本には載ってないバージョンがあって、フィート目盛りだけかメートルも付いているかの違い。これは他のレンズの細かなバージョンにもいえますが、メートルも付いている方が新しいのです。

現行で売っているエルマーはなんかかっこわるいです。