THE RPGS 2nd ALBUM

広告

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りリンク

ライカ書籍

  • 撮るライカ1.2
    神立 尚紀 (著)。勉強になりました。よい本です。 実際に多くのライカを手に取ってみないとわからないことが書いてあります。M5の保管法とか。ライカ本としては最初に買う本ではないです。 (★★★★★)
  • ライカレンズのすべて
    「ライカのレンズ」「世界のレンズ」4冊全部読むのが面倒な人はこれ一冊。特にアクセサリーのファインダー、フードの写真がこんなにみれるのはこの本だけ。 (★★★★)
  • 世界のライカレンズ
    褒め言葉が多いのは当たり前。しかし余談が多くて○。「ライカのレンズ」の続編で、そこでふれられなかったライカレンズも紹介している。 (★★★)
  • カメラはライカ
    田中長徳著。絶対にM3が欲しくなってしまう本。特にm6以降の機種だけ持っている人は読むべからず。 (★★★★)
  • M型ライカのすべて
    M6とM3のシャッター音などを比べたりしています。 (★★★)
  • 使うM型
    赤城 耕一著。取り説のないライカを買ったら、これも買おう。 (★★★)
  • ライカのしくみ1.2
    中山 蛙著。大変良いです。しかしM3のみです。M3のいろいろなバージョンが画像とともに載っています。 (★★★★)
  • ライカのレンズ
    ライカレンズ本のバイブル。続編として世界のライカレンズがある。 ただ、褒め言葉のオンパレードですが、余談が多くて○ (★★★★)
  • アサヒカメラニューフェース診断室
    いいです。でもM3は発売が古すぎて、M2からなんです。M型のみならず、R型やコンパクト機まで調べ尽くしています。 (★★★★★)
  • 使うライカレンズ
    飯田鉄著。読み終わると、ライカを使う人はレンズの諸収差のことを味があると褒めるんだなーと知ることになります。よくある言葉としては、このソフト感!とか、昔のレンズにしては驚愕、です。ほめ言葉のボキャブラリーを増やそう。 (★)

ツァイス書籍

広告2

アンケート!


  • Quickvoter

    Q.孤島に一台だけのライカは?

    M3
    M2
    M4
    M5
    M6
    M6TTL
    M7
    MP


    -view results-

    by pentacom.jp

AMAZONで本を探そう




カメラ関係リンク

  • Leica Serial Numbers: M's Sorted by Type
    M型のシリアルナンバーリストです。
  • カメラ談義
    フィールドカメラマンノートのカメラ談義のコーナー。かなりマニアックに攻めてます。自分の持っているカメラならつぼにはまるでしょう。
  • Photo Maintenance YASUDA
    ライカ修理専門店。かなり詳しくライカについて書いてあります。
  • Screwworld
    ライカのOH屋。また、希望するライカを探してきてくれます。すべてOH済みのものしか売ってません。また詳しいコラムあり。
  • カメラの極楽堂
    コンタックス、ツァイスの専門店です。ここで買えないコンタックス関係のものはないくらいです。かなり詳しくコメントがあります。

広告3

フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「Gの物欲」の14件の記事

2016.01.09

NATOストラップとZuluストラップ

Nato02

NATOストラップといえばジェームス・ボンドである。ボンド演じるショーン・コネリーがロレックス・サブマリーナに使っていたことで有名になった。以来、高級時計のハズシとして定番化した。

続きを読む "NATOストラップとZuluストラップ" »

2015.08.14

fifty fathoms (フィフティ・ファゾムス)という定番

他がマネをする定番がある。ギターではマーティンのD-28、ギブソンのJ-45。カメラではライカM型であるし、ダイバーズといえばロレックスのサブマリーナだったりする。廉価メーカーがマネするほどの定番はその道の開拓商品でもある。要はD-28に代表されるドレッドノートはマーティンが製造するまではその世界にはなかったのである。

さておき、最近ヌルっとぼってりした腕時計がキュンとくる。特にベゼルもっさり大定番はブランパンのfifty fathomsである。

_fifty_fathoms

続きを読む "fifty fathoms (フィフティ・ファゾムス)という定番" »

2015.07.26

Localsというサンダル。

Photo

Localsというサンダルがある。見たことがある人は多いだろう。私は夏の間はいつもサンダルのなので結構うるさい。いつもと言っても、皆の言ういつもとは違う。夏の間は6月上旬から10月下旬であるし、そもそも仕事で履くのである。

行き着いたのはこのLocalsである。数年前までは安かろう悪かろうを使っていたし、名の知れたものでもすぐダメに成った。このLocalsに出会う前までは1年に3足を履きつぶしていた。大体のサンダルは鼻緒が切れる、伸びる、抜ける。すぐソールがツルツルになって滑るようになる。Leafとかでもこの裏底ツルツル問題はある。Localsはツルツルになりにくく鼻緒が切れない、伸びない、抜けない。

このLocalsは余り店頭で見かけない(普通の靴屋等の話)。だからネットで買う。カラーバリエーションはそこそこある。

20150726_205126

一応公式サイトの説明を載せておこう。

ハワイ、オアフ島にて1982年創立以来ハワイのローカルたちに最も愛されているビーチサンダル。ハワイを感じる上でとても象徴的なアイテムであるビーチサンダルは1940年代に日本から” Zori ”として渡った。LocalsはUSAで最初の” Zori ”ディストリビューターとなり、ローカルたちの集うサーフショップやスケートショップにてセールスを成功させた。2011年には拠点をカリフォルニアに移したがメンバーはマウイ島とハワイ島の元住民で構成されておりブランドとしての意思を引き継いでいる。

とのことである。http://www.locals.jp

2015.07.18

THE RPGSのセカンドアルバム 「ロッチ」

Cd


コスモスに続く第2弾、THE RPGSのセカンド・アルバム、「ロッチ」できました。iTune store、レコチョクなどの配信サイトで買えます。相変わらずクオリティー低めです。著作の関係でタイトルを「ロ゛ノチ」にしたり。曲名にユニクロCM、ゼルダの伝説が使えなかったりしました。配信版は名前を少し変えてあります。現物がほしい方はご連絡ください。オフィシャルページはこちらです。

CASIO データバンク DBC-611

Img_2075CASIO databank DBC-611

アップルウォッチが世間を賑わせている。アップルウォッチ以前にもスマートウォッチは数あれど、本家登場にはさすがに斥候も静かになってしまった。しかし、20年位前からこのような時代を見越してCASIOはすでにスマートウォッチ開発していたのである。その雄、このデータバンクは1984年発売されとても人気があったので2008年に復刻したものである。いかにもパソコンを小さくしたようなレトロな感じは素敵である。他の時計と違う機能としては、電卓、テレメモと称した電話番号メモリー、スケージュール機能(日付時刻のアラームと12文字までのメモ)がある。一つ前のDBC-610とキーボードの文字が違うようだ。

面白いので、CASIOのスマートウォッチ第一人者としての他の機種を見ていこう。

続きを読む "CASIO データバンク DBC-611" »

2015.07.17

new balance m1300

Newbalancem1300jp2

ニューバランス M1300 jp2である。ついこの間の2015年3月末に発売された。オリジナルM1300は1985年であった。ラルフローレンが雲の上をあるているようだ、と言ったり。スニーカー界のロールス・ロイス(値段も)だとか。色々逸話はあるが、正直履き心地は今のスニーカーのほうがいい。が、形はこれぞスニーカーであり、いちばんかっこいいと思われる。

1995年から復刻版が出だした。そして5年毎に復刻しており、回数を重ねるごとにオリジナルに忠実になってきている。5年に1度しかないし、数も限定してるのでレア度が高い。2010年最高傑作と思っていたが2015年はどうであろうか。それから今回はJP2としてるが前作からJPが付くようになった。

発売日前にnew balance公式の購入抽選登録したが当然ながら買えなかった。すぐに3倍ほどの値段でオークションに並んでいるのを見ると悲しくなった。その分はちゃんとと欲しい人に買わせてほしいものだ。

いかにレア度満載のスニーカーであろうともたかがスニーカーで、加水分解からの呪縛が解かれたわけではない。2005年のM1300も1年前に逝ってしまった。2010年のものもいつまで持つのかわからないので履きつぶすしかない。道具は使ってなんぼだと思うので、このスニーカーの強制性は粋だ。

Display_1_20102010年復刻

Display_1_20052005年復刻

EPSON R-D1X

Img_2072

防湿庫に入りきらないフィルムカメラを整理して、使えるカメラだけ残した。レンズは資産だというのである程度は残して他は売りに出すことにした。ボストンバック2つを抱えて、クラシックカメラの聖地松屋カメラをおとずれた。

Photo

ここでは年2回位開かれる某デパートの中古カメラ・フェアで色々勉強させてもらった。focaやビテッサをここで買ったりもした。この社長さんにはコーヒーを奢ってもらい、カメラ談義に盛り上がった。

続きを読む "EPSON R-D1X" »

2015.07.16

TAG HEUER フォーミュラ1

Tag1_2

タグ・ホイヤのフォーミュラ1。民放でF1が放送しなくなり数年が立つ。今では有料放送しかなのだが、ファンとしてはちゃんとお布施を毎月しながら見ている始末である。

私がF1の虜になったのは、アイルトン・セナである。音速の貴公子などと言われていたが、ナイーブで人間らしいところに多くの人が惹かれた。1980年代後半からのマクラーレン・ホンダというマルボロカラーのシャーシと日本製のエンジンは最強を誇った。セナはマクラーレンとホンダが最も輝いた時代のドライバーだった。

Tag2

タグ・ホイヤーは当時まだ廉価な時計を作っていたが、ブランドイメージ拡大のためF1チームのスポンサーとなった。今ではそれが功を奏し高級時計ばかりになってしまったが。このフォーミュラ1は当時のマクラーレン・ホンダチームに支給したもので、チーム全員がこの時計をしていたのである。YouTubeでこの時代のF1を見てみると、たしかに皆つけてる。

色んなカラーが出ているが、やはり最上部写真のカラーであろう。作りはチープで普通のクウォーツ時計である。それでもダイバーズらしく200mまでいけるらしい。これを当時29000円の定価をつけて売っていたが今でもも中古で似たような値段もある。

使っていて気づくのはやたらベルトが長いことだ。日本人の腕は海外の人に比べるとそんなに細いのかと疑ってしまう程、長い。時々このベルトを切ってしまっているものに出くわすので購入には注意が必要である。それからケースが34mmと小さい。当時はそれくらいが平均かも知れないが、今の存在感満載の時計に慣れすぎると、すごく小さく見える。レディースかと思ってしまった。

ギターのカポタスト part2

part1からの続きである。

Capo4星★★★★

Planet Waves by D'Addario PW-CP-02 NS Capo 。著名なデザイナーであるNED STEINBERGER氏とD'Addario社とのコラボレーションによって生まれたNSラインシリーズ。マイクロメータースクリューのお陰でどのフレットでもしっかり締まるらしい。実際ネジのトルクもよく、先に紹介したダンロップよりも締めやすい。しかし軽いせいか安っぽい。書くレビューの評価も高く、この値段帯では最上位であろう。
初期の頃とロゴが変わり、D'Addarioを全面に押し出してきた。D'Addarioといえばアコギ弦である。スモールサイズのgibsonに似合うドブ臭い弦であるが、このカポにはそれが感じられない。

Capo2星★★★

G7th ジーセブンス カポタスト 。色々なカポの中で一番重たい。76グラムもある。ヘッドの振動を抑制するため、音が変わったように感じる。それがいい音と思えば吉。悪いと思えば凶である。ヘッドにおもりを付けるなるアイテムが実際に売られているいのでブヨンブヨンの軽いギターにはいいかもしれない。

評価は高く色んな賞をとっている。使い方はカポの先端を手で持って挟みこむのだが、結構ちゃんと閉めないとビビる。ちゃんと締め付けるとなる力がいる。内蔵されいる独自のクラッチ機構は大したもので、一度閉めると二度と戻らない。
写真の物は前モデルで、現行はテキストリンクのようにクラッチ解除のノブの形状が変わり、重さも30%ダウンの53グラムになってその特色を薄めた。最重量を求めるのなら、在庫がまだある今のうちである。

Shubbc1787449

星★★★

shubb C1である。渋い。星が3つなのはVネックのギターに辛いからである。色々なタイプがあるがこのブラス・ニッケルメッキがshubbカポのど定番である。使い込んでニッケルメッキが禿げるさまは粋である。現行品は下記画像のように変なローラーがついてしまった。なにより悪いのは高さ調整ネジついたプレートの形状が変わってしまったことだ。ここにshubbの刻印があるが、このプレート、いかにも文鎮、あるいは延べ棒のごとく物質的存在感がある。これが現行品にはない。買うなら今のうちだ。

Shubb_sc1nda_2

PETERSON Strobo Clip クリップ式ストロボチューナ

Peterson

PETERSON Strobo Clip クリップ式ストロボチューナー  である。楽器の音合わせの道具なのだが、ピーターソンのストロボチューナーといえば世界最高峰のチューナーである。これはクリップタイプの擬似物ではあるが本家が出している。画像の液晶部分のスリットパターンがその象徴だ。

下記画像が本物であるが、相当でかく高価だ。本物の仕組みは、スリット状パターンがある円盤の後ろに音の振動と同期して光る光源が置かれており、 円盤がある速度で一定回転している時に、光のON/OFFとスリットのON/OFFのタイミングが全く一致している時は円盤は回転していないように見える。 そこから光(音)の周波数が少し高くなると円盤はゆっくり回転しているように見え、逆に低くなると逆回転して見え、周波数差が大きいほど速く回転して見える。円盤が止まるように見えるようになると設定した音程と合致したとういうことになる。

メリットは何かというとタップ音などの短い音でも反応するということと、パターンの変化は視認しやすく、少しのズレに気付きやすい点にある。

本物はさておいて、こちらのバーチャル式は他の指針式のチュナーの10倍と謳っている。バーチャルなので実際にはストロボは使っておらず液晶のグラフィックがそれを模しているだけであるが、本物同様ズレを認識しやすい。これはライカのに直線を目標にした重像合致式のピント合わせにも言えたことで、目の視認性の向上で精度は10倍になるらしい。

実際使ってみるとスリットのグラフィックが右へ左へ回転するのを止めるように音を合わせていく。なるほど指針と違ってほんの少しのズレでもスピードは遅くなるが見た目大きく右や左に回転するのでわかりやすい。しかし、アコギは弦の伸び縮みが激しいので全部合わせ終わったら最初の弦がずれてるのがこのチューナーでは如実にわかるのでつい神経質になってしまう。日常使いだと結構疲れるので、ある程度のズレは許容する。

この視認マジックの精度は驚くもので、実際今まで道理の指針式のチューナーで合わせたアコギをこれでチューニングするといかに正確でなかったことが分かるくらいだ。ジャラーンと引いたコード音もいつもよりまとまりがあるように感じた。

Peterson2